くらしと防災

巨大地震が起きたとき、一番大切なことは「命を守ること」。

近年の地震による負傷者の30~50%は、家具類の転倒・落下・移動が原因です。

部屋や廊下に転倒・落下物を置かないことが一番の安全策ですが、現実には難しいもの。下敷きにならないよう家具類を配置したうえで、転倒防止器具で対策を行えば、ケガのリスクを大きく減らすことができます。

 

配置でできる

家具類は、動いたり倒れて下敷きになったり入口をふさがないよう配置しましょう。入口までスムーズに動けるように、部屋や廊下に置くものをできるだけ少なくして、避難ルートを作っておきましょう。

片付けでできる

部屋の中のものを減らす。工夫して収納する。散らかったら片付ける。

そんな当たり前のことが、室内の安全性を高めます。

普段から整理整頓をして、必要なものだけを置きましょう。

設置でできる

 家具の移動や転倒によるケガや死亡を防ぎ、避難ルートを確保するためにも転倒防止対策を行いましょう。

近年は、家具や壁に穴を開けなくてもできる家具・家電の転倒防止器具が販売されています。

器具を購入するときは、実験等で効果を検証した商品を選び、正しく取り付けましょう。